東大高柳キッズセミナー(空気砲でBANG)

IMGP4145IMGP4151IMGP4147

 

 

 

   8月22日 高柳小学校体育館で 東大大学院の丹口氏のご指導で 空気砲を作りゲームをする・・・と言うイベントが行われました

参加希望者がたくさんおりましたので 抽選で27名にしぼり 約3時間かけて工作をし その後ゲームをして 楽しい時間を過ごしました

この企画は 沢山の方々の協力のもと 実施されたものです!

東大助教授・ 大学院生・ 応援の早稲田の大学生6名・ 多世代4名・ 柏市地域支援課及び市社協4名・・・

この企画は 今年で6回目となりますので 参加者全員のチームワークも良く 製作・ゲーム 皆で楽しむことが出来ました!

空気砲は ダンボール箱を布テープで完全密閉し その1面にのみ10センチ大の穴をあけ 側面に刺激を与え 空気の力を利用するという仕組みで・・・

3~4メーター先に 紙コップを積み上げた的を 崩すゲームの始まりです!

性能確認には 箱の中に線香の煙を入れておき エネルギーの方向と距離を目で見えるように工夫して 小学生でも充分理解できるようになっております

参加者全員が 何組かに分かれ 的のコップを何個倒すことが出来たか?  競い合いました!

このように 遊びの中から 原理を理解し いろいろな事に興味をもってくれたら 嬉しいですね!

大学生の皆さん ご指導ありがとうございました

東大高柳キッズセミナー(手作り楽器で一緒に演奏しよう!

IMGP4201IMGP4206IMGP4211

 

 

 

   8月28日 高柳近隣センターで 手作りの楽器作りを行いました

欠席者が多く 少人数での講習でしたが ユニークな形の楽器が出来ました

材料はどこにでもあるような 牛乳パック・ ボトルキャップ・ アルミボトル・ ダンボールなどでした

9名の小学低学年生が 独自のデザインで 牛乳パックに絵を描き着色し ペットボトルと割りばしで素晴らし鳴子を作りました

またもう一つは アルミボトルとダンボールを結合して カウベルを作りました

ダンボールにボトルを結合する穴加工は アシスタントの方が行いましたが それ以外は全部子供達の自作で 

形も色も とても素晴らしい出来上がりでした!

9月 高柳で行われる (ふる協祭り)での 野外ステージで 演奏することが決まっております

その日の為にも 1回目のリハーサルが この日行われました

楽しい講習会でしたね!

東大高柳キッズセミナー(皮までおいしい中国餃子)

IMGP4179IMGP4192IMGP4197

 

 

 

    8月28日 中国文化に触れながら みんなで本場の餃子を作って食べよう! と言う企画です

小学生27名の参加 東大7名 多世代5名 市役所、市社協4名の参加で 高柳近隣センターで行われました

指導して下さったのは 中国からの留学生です

材料の指導 調理の指導 と 手際の良い指導で 参加者全員がスムースに作業を進めることが出来ました

感心したのは餃子の皮作りです! 粉に水を少量入れ こねた後ラップをかけ40分ねかせます

中国では皮も自分で作るんですね! 

こうして粉を寝かせている間に 今度は具材を用意します

材料を 細かく切りましtが 小学生にとっては 大変難しい作業だったようです

具材の準備が出来たら いよいよ皮を伸ばして綿棒で丸い形に致します

先生は手慣れた手つきで ひょいひょいと 丸い皮をつくっていきます

でも・・・私達はなかなかうまくは出来ません!

最後は皮に具材を包み ぐらぐらと湧いたお鍋の湯の中に投げ入れ・・・水餃子の出来上がり~~!

中国では 餃子と言うと水餃子のことのようですよ!

沢山出来ましたので 小学生の保護者の方々にも 食べていただきました

ちなみに中国では 餃子は 酢か酢醤油でいただくそうです

このように 保護者も一緒に参加できるイベントも 必要かなと 今後の活動のヒントもいただきました

東大高柳キッズセミナー(ジャンボかるたで遊ぼう!

IMGP4169IMGP4159IMGP4171

 

 

 

    昨年に続き 今回2度目の(ジャンボかるた)の実施です

ジャンボサイズで体育館で行うかるたです!

このかるたは 東北大震災で 大きな被害をうけた 岩手県吉里吉里地域 で最近作られたもので 

地域にまつわることを その地域の方言を使って表した 特大サイズのかるたです

今 私達も 地域の方言を後世に残すために 同じようなかるたを作る計画をたてております

地域の事を地域の言葉を使ってかるたにし 子供達の遊びの中で 生き続けて欲しい・・・

今回の試みも そんな計画の一環として 行われました

子供達とも いろいろ話し合うことが出来ました!

参加した小学生たちは ”私達のかるたも作ってみたい!” ”作ったら 学校でみんなで遊んでみたい!” ”知らなかったことを かるたで覚えたい!” ・・・等々

沢山の 有意義な話が出来ました

これから学校とも話し合って ぜひ実現に向けて 計画を進めていきたいですね!

 

第27回 高柳祭り開催

まつり3まつり1まつり2

 

 

 

    (多世代交流型コミュニティ実行委員会) 最大のイベントが 7月29・30の両日 実施されました

この祭りは 地域住民の (絆) を強くするための大イベントです!

2日間で約7000人の参加があり 近隣住民が交流し 地域力を強くしております

毎年 4月になると計画を始め 4ヶ月をかけさらに詳細な計画を練り 祭り当日には参加者全員が強い絆で結ばれます!

祭り実行に当たりましては いくつもの地域団体が協力しあいます 

それに加え 中学生・高校生・大学生が準備段階から参加し それぞれの役割を果たします

また地域ボランテァ団体は 16のブースに分かれ 祭り客をもてなし 利益を上げます

そしてその利益を 地域の子供達に還元する・・・そんな活動となっております

このように 高柳全体が一丸となって 祭りを盛り上げ 地域づくりに努力しながら27年継続してまいりました

会場は高柳小学校のグランドをお借りして行いますが 教育委員会も全面的に支援して下さっております

祭りに携わった私達全員も 祭り終了後は 会場は勿論の事 学校周辺に至るまで きれいに清掃し 借りた時以上にきれいにすることをモットーに 皆で大掃除をいたします

また 祭り2日目の最後には 高価な商品を準備した (祭りくじ) の当選発表があります!

当選番号が発表される毎に 大歓声!!

年に1度の運だめし!  ・・・・  楽しかった祭りも終わり・・・・ また来年お会いしましょう!

 

やなぎっこ夏休みおもしろランドー(6)

DSCN2569DSCN2575DSCN2572 

 

 

 

    6年生27名参加で (プログラミングを生かした授業) です

近年 小学校でもプログラミングの授業が行われておりますので 昨年よりこの授業を取り入れております

東京理科大大学院生による指導の下 大学生のアシスタントが加わり とても細かく丁寧な指導をしていただきました

講義は 「プログラミングとは」 から始まり (自分の思いどうりに動くように コンピューターに指示を与える事)

次に 「アルゴリズムとは」  (目標を効率よく達成するための決まった手順)

6年生は全て理解しておりました

各班1台のロボットを使い 決められた仕事を行うため グループごとに渡されたコンピューターで  指示をだし進めていきます

6年生の理解度は素晴らしく 短時間ですべての問題をクリアし 計画されたステップを完了致しました

指令の例・・・コース1 パワーを10に設定→1秒間に5センチ進む距離50センチメーター→設定秒数…秒か

こんな設問が7つ準備され 苦戦しておりました

全部できると パワーを変える! 音を出す改善! 表示を出す事 など46分間ではたいへんでしたが

指導者のレベルが高く 指導方法も良く 全てクリアされました

小学校の先生も見学にいらっしゃいましたが 今後のプログラミングの教育にも 生かされれば・・・と期待しております!

皆様本当にご苦労様でした! ありがとうございました!

やなぎっこ夏休みおもしろ学習ランドー(5)

DSCN2568DSCN2564DSCN2567

 

 

 

    8月23日 高柳小学校1年生 59名参加による(浮沈子)作りの勉強です

1年生なので 原理の説明が大変でした

しぼんだ風船を容器に入れ ポンプで気圧を下げることで 風船の大きさが変わることから始めました

ペットボトルに水を入れ 海を作ります!  染料でマリンブルーに色付けをします

中に入れる魚は 調味料入れによく使われている魚型をした容器を使います

思い思いに色付けをしてカラフルな魚にして これに水を入れるのですが・・・紙コップの中で水面からちょっと沈んだ状態になるように調整しておきます

こうしてできた魚を いよいよペットボトルの海の中に入れ 泳がせます!

ボトルに圧力を加えると 魚が沈み 圧力を弱めると魚は浮いてきます

1年生達は 目を丸くして楽しく勉強することが出来たようです

低学年生には少し難しい原理だったかもしれませんが こんなことをきっかけにして ”知りたい気持ち” が芽生えてくるといいですね!

それにしても大学生の皆さん 大変ご苦労をおかけいたしました! ありがとうございます

やなぎっこ夏休みおもしろ学習ランドー(4)

DSCN2559DSCN2557DSCN2556

 

 

 

    8月23日 高柳小学校4年生 47名が参加して (音の実験)を行いました

指導して下さったのは 東京理科大の学生さん達でした

実験に使いましたのは 紙コップ・ストロー・モールです

最初に モールをヘビのように巻き 紙コップの底に乗せます そしてコップの側面に穴をあけ ストローを差し込んで 声を吹き込みます

すると モールのヘビは動き出しました!

さぁー! これからが指導のはじまりです!

なぜヘビは動いたのでしょう???   声を出したことでおこる コップの中の振動・・・4年生の皆さんは気づきました!

この振動を目で確かめることは出来ないのか?  ここでオシロスコープと言う 音の振動を目で見る機械を持ち出し 振動の波形を勉強いたしました

オシロスコープを使い 大きな声 小さな声 高い声 低い声等々  波形を確認できました!

次にはストローを使って 笛を作り 長い笛 短い笛で音をだし 音の性質を勉強いたしました

オシロスコープの波形を見ながら 大きい音小さい音の振れ幅や 高い音低い音の振動数なども調べました

どれも学校ではできないような 貴重な体験ができました!

夏休みならではの 良い勉強になったと思います!

やなぎっこ夏休みおもしろ学習ランド(3)

DSCN2553DSCN2554DSCN2555

 

 

 

   8月22日 高柳小5年生37名の参加 (気体の性質実験)です

5年生になると レベルも上がり 実験も高度なものになります

化学の進歩の為に いろいろなガスの性質を知らなければなりません  これが実験の目的です!

おおきなパットに水を張り 中に試験管があり  机の上には 酸素・二酸化炭素・水素の小型ボンベを用意し 4~5人ずつテーブルに集まり 大学生が1名ずつ付いて ガスの性質の勉強です!

水中で試験管の中にボンベのガスを移し マッチで線香に火をつけ 試験管の中に入れることにより 火が消えるガス 火が大きくなるガス 音を発して着火するガスを理解していました

またガスの勉強の中では 軽いガスの用途や 軽いけど発火しやすいガス 発火しにくいガス等々

いろいろなガスの性質について 学ぶ事が出来たようです

ガスの性質を知るためには 危険を伴いますが 安全に性質を知る方法を考えたことによって 化学が発展してゆくことも 小学生は体験をとうして知ったことでしょう

工夫を凝らし 教えて下さった大学生の皆さん ありがとうございました! 

やなぎっこ夏休みおもしろ学習ランド(2)

DSCN2547DSCN2552DSCN2550

 

 

 

   8月22日 高柳小3年生の (フイルムケースを使ったロケット実験) です

このアイテムも参加者が多く 63名となり 2クラスに分けての実験でした

実験前に 空気の構造 成分 エネルギーについて 大学生が作った装置を使って 解り易い説明があり 3年生にも良く理解できるような内容でした

次にロケット造りです 写真のフイルムケースをロケットにみたて 思い思いに絵を描いて グランドに集合です!

学生さんがガス発生用の バブル入浴剤を(細かくしたもの) を用意

それぞれが その入浴剤と水を フイルムケースに詰め キャップで密封して グラウンドに置きます

数分後 本体が パーン! と言う音とともに 4~5メートル空中に飛び出します!

空気の力を目の当たりにした3年生の皆さんは 興奮し 次々と新しいバブルを入れ替え 実験に夢中でした!

教室で教えてもらったことが 体験でき 大きく心に残ったことでしょう

家でもやってみよう! と。  皆フイルムケースを持ち帰りました