高柳小5年・6年生へのミシン作業支援

DSCN2734DSCN2740DSCN2733

10月1日~24日 この間 高柳小学校5年生170名・6年生160名へ 家庭科授業のミシン作業の指導を 行ないました

この指導に当たりましたのは 地域の高齢者で毎年この活動に参加していますメンバーが 今年も頑張ってくださいました 14日間にわたり延べ人数60名にもなるそうです

6年生は去年もミシン作業を経験してはおりますが 今年も初歩から指導を行ないました

ミシンの操作について・・・糸の通しかた 糸の経路 糸巻きやボビンケースの設置の仕方 等々

基本的な指導は勿論ですが 何よりも怪我無く作業が出来る事を注意しての指導でした

また教えることはあっても 手助けすることは無く 間違ったら解き もう一度やり直させる・・・・といった 指導方法を徹底させておりました

初めてミシンをさわる生徒にとっては かなり難しい作業ではありましたが それだけに 出来上がったときの喜びは 大きいものがあったようです

完成時には 教える側も教えてもらう側も 皆笑顔がいっぱいでした!

こんな活動が 地縁の他まご活動の 本流なのでは・・・と強く感じております

東大キッズセミナーがふる協祭りに参加

DSCN2721DSCN2722DSCN2720

9月28日 この日は 風早南部地域の大イベントであります (ふる協祭り)の日です!

8月に行なわれました 東大キッズセミナーで 身近な材料を使って楽器を作ろう! と言うイベントがありましたね?

あの時作りました楽器を使って あの時のメンバーが いよいよ演奏 発表の日です!

多くのお客様の前で 皆緊張いたしましたが 大成功!

お客様から 大きな拍手をいただきました

東大キッズセミナーは 今年で8回目となります

毎年夏休みを利用し 地域の学校3校から参加希望者を募集  

東京大学教育学部の 学生・院生の皆さんに来ていただいておりますが

計画から制作 指導と それは素晴らしい企画で 大好評を得ております

今回も舞台の上でリーダーから 毎年行なわれているセミナーについて お話があり 加えて子供達も感想を述べる等 とても良い体験ができたようです

キッズセミナーも8年の時を経て 地域に定着しつつあることを喜んでおります

 

 

東大キッズセミナー (電子工作にふれてみよう)

IMGP6109DSCF0460DSCF0457

9月26日 高柳近隣センター多目的ホールで プログラミング教育をベースにした キッド作りの体験を行ないました

子供達が目にする数字やグラフから読み取れる世の中の動きを 解説しながら プログラミングを体験する・・・大変高度なセミナーです!

数字を使うと 世の中の色々なことがわかってきますが それをどの様に読むかを パワーポイントで解説しておりました

4年生~6年生が対象で 少し難しかった様でしたが なんとか理解できたようで安心致しました

最後には 東大からお借りした 電子工作キッドを使って 指示されたプログラミング情報に合わせ キッドの組み立てを行ないました

大変複雑な情報 組み立て指示でしたが 回路図の指示にしたがって 発光体の点灯や抵抗 スイッチを使っての回路作りで 電子工作体験を行なうことができました

参加者は 学校での授業前に このような体験ができた事を 喜んでおり 中学生にも参加させて欲しいとの声もあがっておりました

レースでボトルカバー作り

IMGP6126IMGP6130IMGP6125

9月9日・10日と 2日間にわたり サロンで美しいレース編みのペットボトルカバーを作りました

参加致しましたのは10名の高齢者の皆様

それぞれが 思い思いの色のレース糸やビーズを使って ペットボトルカバーを編み上げていきます

女の方なら誰もが一度は編み物をした経験があることでしょう

慣れてくると手を動かしながら 口も動かし たちまちおしゃべりに花が咲きます!

細かい作業はボケ防止にもつながり 高齢者にとりましては一石二鳥!

また短時間では出来上がらない作業ですので 昼食も用意し 食事会へと発展していきます!

コミュニケーション作りの場としては 最適の企画だったのではないでしょうか?

今後もこのような企画を多く取り入れ 高齢化対策に役立てていきたいものですね

 

東大キッズセミナー(ホットク)を作ろう

IMGP6114IMGP6116DSCN2658

ホットク と言いますのは 韓国でとても人気のある(おやつ)の名前です

今回この東大キッズセミナーでご指導くださいますのは 韓国から東大に留学していらしゃる 金(きむ)さんです

お国から直輸入した材料を使いましたが 小麦粉やナッツ・くるみ等を使って作ります

近隣小学校3校から集まった児童20名に加わり ボランテアに参加しておりました東大生 そして多世代のメンバー達も一緒に 皆でホットク作りに挑戦しました!

このセミナーで毎年行なわれております (外国の食べ物シリーズ) は大人気です!

食べながらの国際交流は 最も良い手段と考えます

参加した1年生から6年生の皆さんも 満足そうな笑顔いっぱいでした!

 

 

 

 

 

 

東大キッズセミナー (身近な竹を使って楽器を作ろう)

DSCF0500DSCF0471

昨日に続き 東大生にご指導いただき 今日は身近な材料・・・竹を使っての楽器作りに挑戦です!

参加した児童は30名・・・

毎年行なわれております このセミナー 出来上がった楽器を使って この地域のお祭りであります(ふる協まつり)に  皆で演奏するのが恒例となっております

材料の竹は 近くの農家の方にお願いし 準備していただきました

当日は 班に別れ作業いたしましたが・・・竹を指定どうりのサイズにカット・・・

竹には節がありますので なかなか難しい作業でした

そしてカットした竹を 輪ゴムを使って 木琴のような形にしっかりと止めます!

この楽器・・・ミソラシの4音で出来ております

ちなみに(げんこつ山のたぬきさん) (ホタルこい) (かごめかごめ) などが演奏できるそうです!

9月26日のふる協祭りでの演奏  楽しみですね~~!

東大キッズセミナー(トリック文字の世界)

DSCF0443IMGP6104IMGP6103

もう夏休みも終わろうとしております

この日 高柳近隣センター多目的ホールには 約30名ほどの児童が集まりました

近隣小学校 (風早南部小 ・ 高柳西小 ・ 高柳小) の皆さんです!

このセミナーは毎年行なわれており 東京大学の学生さん・院生さんが 小学生の指導にあたってくださいます

今回は (トリック文字の世界)と言うテーマで 普段見慣れている文字を 傾けてみたり逆さにしてみたり・・・

文字(アンビグラム) を作って 楽しく遊びながら学びました

子供達は 慣れないテーマに苦戦し 難しかった様ですが  良い刺激を受けたようです!

忙しい中 いつも東大の皆様 ありがとうございます

夏休みバス遠足

DSCN2593DSCN2590DSCN2618   8月9日 地域の小学生とバス遠足を行いました

春は自然と歴史の勉強でしたが 夏はちょっと高度な専門知識の勉強です

参加者は 風早南部小学校・高柳西小学校・高柳小学校の3年生以上 100名の参加でした

今年の見学場所は 茨城県自然博物館です

この夏 ”太古の世界から現在まで” の展示が行われておりました

引率者は地域の高齢者30名です!  小学生は疑問を持ったらおじいちゃんおばあちゃんに何でも聞く! がルールです

子供たちも高齢者たちも 会話が弾み 楽しく勉強できたようです!

昼食をとり午後からは屋外で遊具や自然を楽しむ予定でしたが・・・

この日は猛烈な暑さで 茨城県では危険警報が出ており 残念ながらこの予定を変更し一部のグループが屋外で遊びました

2~3名の子が 暑さで体調を壊しましたが 大きな問題も起こらず皆元気で帰路につきました

バスの中では全員が感想を発表し 充実した1日となりました

リーダーの輿石さんは 早くも来年の~見学場所に思いをはせているようでしたよ!

子供たちに広い視野を持ってほしい…そんな願いを込めた活動でした

学校支援地域コーデネーター連絡協議会

IMGP6081IMGP6083IMGP6084  8月6日 柏市沼南庁舎で行われました

市川市コミュニテースクールで行われている活動の紹介で (人をつなぐ 未来へつなぐ 市川教育)がテーマで

その内容の深さ 徹底された実施内容には 感心いたしました!

地域と学校をつなぐ窓口を設置 (地域と学校が本音で話せる)体制を具体化し それを進化させるというもの

まず活動の目標を明確にし それを具体的に話し合い 結論を出し 次の目標への進化にチャレンジして行く…

こうした徹底した市川市の考え方に おおいに学ぶべきものがあると 感心しました!

事例として(第8中学校実施内容)が紹介されましたが  現在高柳で行われている内容と類似点が多く 我々の活動にも自信が持てました

より良い学校にするためには? そして地域と学校とのより良いかかわりかたは?

地域の老人が変わり 地域と学校を結びつける…  地域が変われば学校が変わる…

ポイントはとにかくやってみる!(行動を起こす) そこから問題点を発見し 次の行動へ移す!

このあたりまえのサイクルが 必要!!!

 

 

夏休みボラんテァ体験者受け入れ

IMGP6085IMGP6091IMGP6092  柏市社会福祉協議会の企画で行われた (夏ボランテァ体験学習)で 柏市立大津が丘中学2年生4名が 多世代交流型コミュニティのサロンで 体験学習をいたしました

参加したのは 山岸さん・富沢君・坂巻君・秋元君の4名です

まず朝いちばんは サロン開店の準備で のぼりや看板の設置清掃作業にはじまります

そして日中は お客様の接待…(いらっしゃいませー!) (お飲み物は何になさいますか?)と 元気な明るい声が響きます!

サロン責任者の指導もよく 若者たちの活気にサロンを訪れた高齢者たちも 大喜びです!

お客様のいないときには 地縁のたまご活動についての説明があったり また実際に折り紙名人から直接指導を受け 

(動く青虫)を作ってみたり 多世代交流の大きな架け橋となりました

今後このような企画は 毎年行い 地域を超えた交流の拡大を図っていきたいものです

大津中の4名の皆さん ありがとう!