沼南高柳高校への学校支援

IMGP4702IMGP4698IMGP4699    2月16・22・26日 沼南高柳高校 家庭総合の生活設計学習において 

ライフステージ毎の課題や 経済的な準備の必要性など具体的にイメージ出来る様になる・・・その為の授業の一環として 人生の大先輩から話を聞こう! と言うことで

地域から24名の 人生経験豊富な高齢者達が参加致しました

1班10名に分れ 高校生の司会で進められ 質問を受けました

内容は ”人生の3大ライフイベントは何ですか?”  ”趣味や生き甲斐は何ですか?”  ”高校生が今やっておくべきことは何だと思いますか?”・・・等々多岐にわたっておりました

出席した高齢者は どなたもそれぞれ自分の仕事を長い間チャレンジし続け そしてリタイヤし 今現在地域づくりや地域の子供育成の為に 新たな分野でチャレンジし続けている方々です!

だからこそ皆 ”幸せな顔” をしているでしょう!  と言う事でお別れしてきました

若者たちに幸多かれと・・・願わずにいられません

高柳小(軽音楽クラブ)発表!

IMGP4709IMGP4708    2月22日 高柳小軽音楽クラブの発表に参加致しました

このクラブは学校と地域の発案で 数年前に出来たクラブです

地域ボランテアクラブより 楽器も寄付され また指導者も地域音響会社から週1回 お昼休みに来てくださり練習してまいりました

今年1年間の練習の成果発表ということで とっても楽しみにして参加致しました!

当日 体育館に集まった児童は 写真のように大変多く びっくりするほどでした!

演奏が始まると リズムを取り 手拍子をうち 声をあげ 身体全体で音楽にノリノリでした!

音楽を身体全体で表現する子供達の姿は 見ていて幸せを感じるものでした

指導者の日野原さんは ”児童が楽器に親しんでくれ そこで何かをつかんでくれれば こんなクラブがあってもいいと思います”

”演奏する喜び 感激を忘れずにいてくれれば良いと思います”  と。

参加した先生方も ”短い時間に 良くここまで” と驚き感動しておりました

軽音楽クラブの他にも (和太鼓クラブ)があります!  次回紹介いたします

校友会と3年生との(ふれあいの会を開こう)

IMGP4692IMGP4695      2月20日 校友会(高柳老人会)の皆さん30名が 高柳小学校3年生(4クラス120名)の児童たちと 交流の会を設けました!

従来は 児童のほうが近隣センターに出向いての交流でしたが  それですと3年生1クラスの生徒しか交流できませんでした

そんなこともあって 今年はぎゃくに校友会のメンバーが 学校に出向く事に致しました

老人は7名ずつの班に分かれ 4クラスにそれぞれ行っての交流でした

児童が用意したプログラムにそって 自己紹介・ソーラン節・リコーだ演奏・そして児童の作ったコマでのコマ遊び・・・

また最後には 質問タイムで 昔の話を聞く時間もありました

嬉しくて涙を流す老人の姿も見受けられ とても密度の濃い交流が出来たように思います

3年生の皆さんも 学校と言う日常のフイールドで リラックスした状態で お爺ちゃんお婆ちゃんを向かえ 年寄りに対する”いたわり”の気持ちで接してくれ 老人も他人の孫(他孫)の可愛さに 昔を思い出しているようでした!

この様な絆が 少子高齢化の不安を吹き飛ばす力となれば いいですね!!!

高柳駅自由通路完成記念式開催

IMGP4681IMGP4675   住民が長い間求めていた 高柳駅の近代化の第一歩として 東口と西口を結ぶ 自由通路が完成し 2月20日完成式典が行われました

高柳区がリーダーシップを取り 地域団体・学校・ボランテア団体の協力を得 柏市主催の式典 テープカットが行われました

その後 高柳小学校吹奏楽部による演奏が花を沿え ファンファーレを合図に 

市長・鉄道関係者・加えて特別参加してくれた小学校5・6年生260名 それに一般の人々が 自由通路を西口から東口に向けて渡り初めを行いました

小学生へのインタビューでは ”お爺ちゃんおばあちゃんが この通路の出来るのを待ちに待っていたので 完成したことをとても喜んでいるので 僕達も嬉しい!”と答えていたのが印象的でした! この駅を中心に更なる町の発展が楽しみですね!

式典の後には 地域カラー盛りだくさんのイベントが用意されておりました

テントを設置し 餅つきと雑煮 甘酒の無料提供・・・そして紅白の餅撒き・・・約1000名集まった参加者は 大興奮でした!!!

この駅を中心に 高柳もこれから益々発展してくれることでしょう!

ここに住む多くの住人の 夢と希望がひとつになって 盛り上がったような1日でした

高柳小(パテシエ体験活動)

IMGP4659IMGP4651IMGP4660    2月14日 高柳小学校5年生4クラスは プロのパテシエの指導を受け パンケーキ作りに挑戦いたしました

毎年行っているこの企画は (キャリア教育)の一環として 地域のケーキ工場の プロのパテシエについて学ぶことでした

地域のフォースィーツ(ケーキ工場)の工場長 菰原さんと 黒林さんが指導してくださいました

特に黒林さんは 高柳小学校の卒業生とのこと 中学生の時にケーキ作りに目覚め この道に進んだそうで

このお話を聞いて 5年生の皆さんも 一気にパテシエとの距離が縮まったようです

1時間目は5年生全員 体育館に集まり 黒林さんから ケーキ作りについて 色々説明していただいたり また何故パテシエになったか この仕事をして良かったこと大変なこと・・・等々 為になるお話しを 沢山聞くことが出来ました

そして何より 自分の後輩達にこうしてケーキ作りの指導が出来ることが 嬉しいと黒林さんは喜んでくださいました

この日 クラス毎に別れ 4時間にわたって指導していただきました

自分達の手で焼いたパンケーキに デコレーションをほどこし 試食しましたが・・・

笑顔・笑顔・みんな美味しい笑顔でした!

長時間のご指導 ありがとうございました!

 

 

牛乳パックの小物入れ作り

IMGP4649IMGP4647   2月9日 牛乳パックを使った小物いれと 爪楊枝を使った一輪挿しを作りました

13名のベテランご婦人が参加して 楽しい雰囲気の中で制作開始です!

今後小学生にも指導し 作ってもらう準備も兼ねての講習会でした

牛乳パックの小物入れは パックを定サイズにカットし 色紙やカレンダーの気に入った絵を貼り付け デザインを楽しみます

今回は この貼り付けた紙を乾燥させる時間を 上手く利用して 爪楊枝の一輪挿しを作りました

これはヤクルトの容器を利用し 周りに楊枝をぐるりと貼り 写真のような小さくて可愛い一輪挿しです!

折り紙で作った花を生けると とても素敵です!

身の回りにあるものを使って 簡単に出来る作品ですので 小学生にも楽しんでもらえそうですね!

お母さんやおばあちゃんと おしゃべりしながら作る・・・子供たちの嬉しそうな笑顔が想像されます!

-地縁の他孫教室 2月度定例会議開催

IMGP4638IMGP4636   毎月行われている定例会議ですが 2月は1年分の計画策定をする重要な会議でした

最近は 地縁の他孫教室とサロンの役員が一体となり 企画会議が行われているため アイデアもアイテムも多くの意見から検討され採用されることにより 活動の充実化が図られております

今までの物づくりイベントから 歴史研究 音楽会 英会話 パソコンとジャンルも拡大されて より充実したものとなっております

活動の中には 最近介護予防講座の企画もあって 高齢化しているメンバーが自身のことも考えながら 講座内容を決めるなど 必要に迫られたものも多くなっているのは 当然なことですよね!

メンバー達のアイデアは尽きることを知りません!!!

私たちが 新しいことを始める時 決め事があります!

”迷っても まずやってみる!”  そしてその中から”課題をみつけ”  次のイベントで修正!

3回目で完成を目指す!   

また活動のルールもあります

子供に対するときは ”やり方を教えるが やってあげない!”   参加した子供が”自分の課題を見つけ それを超える力を付けさせる”

他孫達が 力強く育っていくことを願っております

袋井市議会議員(地縁の他孫)活動を視察

IMGP4632IMGP4631   1月29日 静岡県袋井市市議会議員 竹野昇様が 茶論を視察されました

竹野様は高等学校の先生をされていた方で 私達の活動の中で 特に学校とボランテア団体との活動について 話し合いました

この地域は 以前から学校と地域の結びつきが強いところでしたが 近年その結びつきが非常に強くなってきております

現時点でも 幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校と 学校が必要とすることは何でも 話し合える関係となっております

加えて 児童(他人の孫)を育てる活動ですが・・・最近は児童が忙しくて なかなかサロンに出向いて来るチャンスが減少している状況・・・

ならばと 地域団体が学校の授業に出向く等 将来のコミュにティスクールを模索している状況です

学校との信頼関係がしっかりと確保できた上で  高齢者が持てる知識と経験を 地域の子供達(他孫達)に伝える・・・そんな地域内の(知識の循環)が確立されると考えております

日本中にこんな活動を広げたいものですね!

 

 

冬の風物詩 (焼き芋づくり)

IMGP4617IMGP4628   北風の吹くこの季節には 毎年(焼き芋パーティー)が行われております

今年も1月21日には 高柳児童センター主催の (じどセンちゃれんじクラブIN高柳) というイベントに 児童29・ボランテア7・職員4 合計40名の参加で行われました

また (地縁の他孫教室)でも 1月27日 焼き芋パーティが行われ 大人30・児童5名の参加がありました

最近は 焚き火もいろいろ許可を得ないと 出来ない状況にあります

そんなことからも 子供達にとっては 貴重な体験が出来るチャンスでもあります

(みんな集まれやなぎの木)ボランテア団体から 焚き火に必要な用具をお借りして来 児童センターの駐車場で行いますが・・・

参加児童にとっては マッチの扱い 焚き火の点火の仕方 火力の出し方・・・全てが初めての経験で 火にたいする安全の確保も含め 大変勉強になったことと思います

普段からこの様なことをしていることで いざ災害が起きたときでも 大人も子供も地域ぐるみで 暖を安全に確保し みんなの役に立つことが出来るのではないでしょうか?

そんな地域を目指し これからも いろいろな体験をできるよう そんな企画を考えていきたいと思っています

 

お雛様作り

DSCN2707DSCN2759

1月12日 ちょっと時期が早いのですが 会員の希望により お雛様作りにチャレンジいたしました

昨年の暮れに 門松を作ったばかりなのに・・・もうお雛様?

高齢者の皆さんは きっと暖かい春が待たれるんでしょうね!

ご指導くださいましたのは 阿部さん・・・沢山の技術とアイデアを持っていらっしゃり 地縁の他孫教室のリーダーとして 大活躍して下さっております

今回のお雛様は きれいな和布を使い 型紙と綿を使ってボリュームを出し 形を作っていきます

それぞれ 作り手の個性も表現でき 完成後には皆で見せ合って 満足しておりました

ここで得た技術を 次には小学生に指導できると 夢がひろがります

今後は 小学校に手芸クラブでも出来たらいいなーと 考えています。